Archive for 7月, 2012

ホンダアコード センターコンソールリペア

S工房です

暑い日が続きます。始まったばかりなのに

いつ終わるかと思ってるのは僕だけでしょうか?

なんか今年は作業場の様子がおかしいような気がします

熱気がこもってサウナ状態になってまして

去年、一昨年はこんなんじゃ無かったような気がして

スポットクーラーでも買おうかと思案中です・・・多分買うと思います

倒れる前に・・・

さて今回は業者様からの依頼(持ち込み)のセンターコンソールの傷のリペアです

傷の状態ですがこんな感じですね

P1030641

微妙な深さの傷が入ってまして

作業に取り掛かりましたが傷がいつまで経っても埋まらないので

途中で作業工程を変更して出来上がりました

P1030645

傷を知ってる人は判るかもしれませんが

違和感なく仕上がってるのではないでしょうか?

車輛に付いたままだと、ここまで出来たかは考えものですが・・・

内装についた傷などお困りな事などお気軽にご相談下さいね

「捨てない」「取り替えない」「壊さない」 自動車内装・ホイールのリペアなら S工房まで!

アルファード シートリペア&クリーニング

S工房です

最近、ホイールの納品引き取りに出ている間

内装リペアの仕事に自分の車で行くようになり

車がでかいのと、出先で駐車しててもセキュリティの関係上

暗証番号を打たないとエンジンが掛からない仕組みになってますので

邪魔になった時自分しか車を動かすことができません・・・

迷惑になってもいけないのとやはり軽が動きやすいと言うことで

増車を決定し、たまたま出物があったので即契約

インテリア専用車ということでもうすぐデビューです

さて今回はアルファードのシートリペア及びクリーニングになります

中古車屋さんからの依頼でしたが、板金で車が出てる為

シートを取り外して持ち込み頂きました

最初はリペアだけだったんですが、クリーニングもと言うことで施工いたしました

P1030605

まずはクリーニング前の状態ですが

フラッシュ撮影でも結構汚れてるのが判るでしょうか?

クリーニングをしていきますが、まずは比較してみると

P1030608

どちらが元色か説明はいらないくらいですね

ではアップでは

P1030609

これでやっと元色が出てきたので、リペア個所の施工に掛かれます

P1030607

国産車の多くはレザーシートといってもサイドの部分は合皮ですので

上の画像のようにパックリと割れてきますね

これを特殊な充填剤を使い傷を埋めて

調色した色を塗ったら完成です

 P1030616

ちょっと跡は残りましたが気にならない程度にはなったのではないかと

思います

クリーニング後に出てきた擦れて色が抜けている部分も

ついでにリペアしておきましたので

すっきりと乗って頂けると思います

「捨てない」「取り替えない」「壊さない」 自動車内装・ホイールのリペアなら S工房まで!

ダッシュ線傷リペア

S工房です

輸出車のリペアをし出したのですが

炎天下の下の作業なので少々バテ気味です

今から参ってると先が思いやられるのですが

体がだるいっす・・・

目にシンナーは飛び込んでくるしで体調最悪かも・・・(^^ゞ

さて今回はBMW 523ツーリング(F11)の

ダッシュボードの線傷リペアです

急に呼び出され行ってみると

なぜこんな所に傷がという所に傷が・・・

ははぁ~ん原因はなんとなく判りましたが

確定はしてないのであえては言いませんが・・・

P1030603

傷が小さいので気を使いましたが

こんな感じでリペアできました

 P1030604

よーく見たら判るかな・・・

パッと見判らないレベルではないでしょうか?

「捨てない」「取り替えない」「壊さない」 自動車内装・ホイールのリペアなら S工房まで!

マットブラックへカラーチェンジ(パウダー塗装)

S工房です

まだまだ梅雨あけせずジメジメした日が続いて、インテリアリペアの予定も

延び延びになっているお客様もいてます。屋根があれば問題なのですが・・・

今回は導入後初施工となりましたパウダー塗装での

ホイールのカラーチェンジの紹介になります

まずパウダー塗装の説明ですが

パウダーコーティング(粉体塗装)とは、塗料に水や有機溶剤を含まない

塗膜成分だけの粉状塗料を使用する次世代の塗装方法です

静電気で帯電させた粉状塗料をアースされた素材に吹き付けることにより

粉状塗料を静電気の力で素材の表面に付着させるので

パイプや網状の複雑な形状の素材にも均一で高性能な塗膜形成が可能です

ただし塗料が粉(パウダー)で有る為に調色はできませんが、豊富なカラーバリエーションから選ぶことが可能です

塗装後は専用の窯で180度~200度の高温で焼き付けパウダー(粉)を溶かし、滑らかな表面に仕上げます

お客様の好みに応じてクリヤーもパウダーコートが可能です

無垢な素材に対してクリヤーのみのパウダーコーティングも可能です

パウダーコーティング(粉体塗装)の最大のメリットは

剥がれなどにも強く高強度な塗膜、耐候性、耐食性、耐薬品性に優れています

ただし、塗装が残ったままだと静電気が帯電しないので

オリジナル塗装の剥離が条件となりますので剥離代の分ちょっと値段が張るかもしれません

と言った感じですが、パウダー塗装を使って色んなものにチャレンジしていきます

遅くなりましたが今回施工の紹介になります

BMW 5シリーズ(F11)のMスポーツのホイールになります

これをシルバーからマットブラックへのパウダー塗装による

カラーチェンジになります

 P1030498

P1030499

元のホイールになりますが、小さい傷はありましたが

綺麗なホイールでしたよ~

塗装剥離が条件になりますので剥離

P1030503

このままではスポークの隙間など落ち切れていない塗装があるので

手で研磨して完全にアルミ無垢の状態にして

パウディング、後は専用釜で200℃で焼き付けて出来上がり~

P1030531

P1030532

綺麗に仕上がってますね~

これからの課題も見えたのでこれからどんどんクオリティがよくなると思います

ご期待下さい

「捨てない」「取り替えない」「壊さない」 自動車内装・ホイールのリペアなら S工房まで!